多汗症治療について-療法・保険・病院-|ミラドライ 切らない多汗症・わきが治療なら 大西皮フ科形成外科医院 滋賀、京都

滋賀大津本院 077-531-2101 / 京都四条烏丸院 075-254-8320 お問い合わせ
大西皮フ科形成外科医院 ミラドライ HOME > 多汗症治療について-療法・保険・病院-

わきが治療 多汗症 お役立ちコンテンツ

多汗症治療について-療法・保険・病院-

2017/09/25


多汗症はそもそも病気として認識されづらいこともあり、辛いと思ってもどこの病院に行こうと迷う前に、そもそも病院に行くという発想が浮かんでこなかったりします。とはいえ、長い間放置しておくと自分も周りも不幸にするのが多汗症です。

①そもそも多汗症とは?

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があります。体温調節をするためのサラサラした汗を出すのがエクリン腺で、アポクリン腺は脂質やたんぱく質、アンモニアなどを含んだ汗を出し、ワキガの原因となります。多汗症は、エクリン腺が人より多かったり活発だったりして体温調整に必要である以上の汗が出る症状を指します。
エクリン腺は全身に分布していますが、主に腋の下や手足、そして顔面に局所的に大汗をかく局所性多汗症と全身に汗をかく全身性多汗症があります。また、代謝異常や内分泌系の異常などの何らかの疾患により発生する続発性多汗症と、純粋に発汗の機能が異常をきたしている原発性多汗症があります。
気になる多汗症の原因ですが、一番多いのが精神的ストレスと言われています。緊張により交感神経が優位になり、発汗物質が多く分泌されてしまうのです。また、ホルモンバランスの崩れも発汗に影響します。ホルモンと交感神経は共に視床下部でコントロールされているため、ホルモンが乱れると交感神経も乱れてしまいます。また、タバコやコーヒーなどは交感神経を刺激する中枢神経興奮剤が含まれているため、発汗にも影響が出ます。さらには遺伝の影響も無視できず、多汗症は複合的な要因が重なって発症するものと言えます。

②多汗症の治療法

多汗症の治療は大きく3つに分けられます。1つ目がエクリン腺そのものを破壊する治療、2つ目はエクリン腺の働きを麻痺させたりふさいだりして一時的に症状を抑える治療、3つ目は飲み薬による治療です。
エクリン腺そのものを破壊するのは、ETS手術や超音波治療法です。ETS手術は主に掌の多汗症に使われる術式で、手のひらにつながる交感神経を一部切ってしまう手術となります。超音波治療法は、主に腋の下の多汗症に用いられ、超音波で汗腺を破壊する手術になります。比較的短時間で傷も少ないのがメリットですが、効果は限定的です。腋の下であれば、汗腺を物理的に切除してしまう剪除法もあり、こちらは永久的な効果が望めます。
また、数年前からワキの多汗症治療として注目されているのがミラドライ治療です。手術のような傷跡が残ったり、ダウンタイムが長いといったデメリットも無く、安全に手術と同等の効果が永久的に続くとされています。
エクリン腺の働きを麻痺させたりふさいだりしてその働きを抑える治療の代表はボトックス注射です。ボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質を用いて、交感神経を麻痺させることで汗を抑えます。また、イオントフォレーシス療法は患部を水に浸して微弱電流を流し、水素イオンで汗腺をふさぎます。また、塩化アルミニウムを含んだ塗り薬は、汗腺をふさぐための角栓を作る作用があります。
飲み薬による治療では、抗コリン剤によるものが中心となります。交感神経から分泌される発汗を促す物質:アセチルコリンを抑制する働きがあります。また、漢方薬なども体質や症状に合わせて数多く出回っています。

③多汗症は保険適用内?保険適用外?

多汗症は主に皮膚科、形成外科、麻酔科で治療が可能です。ただ、それらすべての病院で多汗症に対応しているとは言えず、基本的には個々のクリニックを調べて頂く必要があります。ただ、保険が効くかどうかは療法によります。注射薬、手術、飲み薬は保険が効くことが多いですが、症状によっては効かない場合もありますので、医師と相談するようにしてください。
交感神経を麻痺させて汗腺の働きを抑えるボトックス注射は医師により、他の病気から付随するものでは無い原発性で、重度の多汗症であると認められれば保険がきくようになりました。
また、ミラドライは現在最もおすすめの治療ですが保険は効きません。手術であれば剪除法は保険が効きます。腋の下の汗腺のみならず皮脂腺も一つ一つ取り除き、再発の恐れもないため一番確実な療法です。手の多汗症治療に用いられるETS手術にも保険が適用されます。超音波吸引法は手軽ではありますが、こちらは保険が効きません。飲み薬であれば、アセチルコリンを抑制する抗コリン剤である「プロバンサイン」は保険が効きます。
上記以外にも、イオントレフォーシスなどで保険がききますが、一応、保険が適用される基準としては「日常生活に支障をきたすレベル」となっているので、ご注意ください。

わきが治療 多汗症 お役立ちコンテンツ カテゴリー一覧

  • わきが治療
  • 多汗症
  • ミラドライ

お役立ちコンテンツTOPに戻る

▲ページトップへ

  • 多汗症について
  • わきが・多汗症の原因
  • 子供のわきが
  • わきが多汗症お役立ちコンテンツ
  • ミラドライの体験者の声
  • わきがセルフチェック
  • クリニック紹介

アクセス

滋賀大津石山院
滋賀県大津市粟津町4-7
○JR石山駅前近江鉄道ビル3F

京都四条烏丸院
京都府京都市下京区長刀鉾町31
四条ビヨンドビル5F
○阪急烏丸駅、地下鉄四条駅からすぐ

  • お問い合わせ
  • 大西皮ふ科形成外科 アンチエイジングサロン

ご予約/お問い合わせ

滋賀大津石山院

[診療時間]
 
10:00~12:30 ○ ○ ○ ― ○ ○
16:00~18:30 ○ ○ ○ ― ○ ―
[休診日] 木・日・祝日
※土曜は完全予約制

京都四条烏丸院

[診療時間]
 
10:00~19:00 ― ○ ○ ○ ○ ○
[休診日] 月・日・祝日
※完全予約制
※土曜は18:00まで
採用情報
大西皮フ科形成外科 わきが・多汗症治療なら安心、安全、確実なクリニックで
滋賀大津本院 077-531-2101 / 京都四条烏丸院 075-254-8320
お問い合わせ
Copyright (c) ONISHI CLINIC All Rights Reserved.