冬こそ気になる?冬のワキガとその対策法|ミラドライ 切らない多汗症・わきが治療なら 大西皮フ科形成外科医院 滋賀、京都

ミラドライなら京都滋賀にある大西皮フ科形成外科

滋賀大津本院 077-531-2101 / 京都四条烏丸院 075-254-8320

お問い合わせ

大西皮フ科形成外科医院 ミラドライ HOMEわきが・多汗症お役立ちコンテンツ > 冬こそ気になる?冬のワキガとその対策法

わきが治療 多汗症 お役立ちコンテンツ

冬こそ気になる?冬のワキガとその対策法

汗をたくさんかく夏に比べて、冬はワキガ臭があまり気にならないイメージがありませんか?

しかし、ワキガ臭は汗をかきやすい夏場より、汗をあまりかかないはずの冬の方が臭いを強く感じます。
冬のワキガ臭が強くなる理由は、夏と冬の汗が違うからです。
 
今回は、夏と冬の汗の違いと、冬のワキガ対策、おすすめのワキガ治療法を詳しく解説します。

 

ワキガ臭が気になる冬

ワキガといえば夏を連想させがちなのですが、実は冬にも注意が必要です。

冬は夏に比べて、汗をかくことが極端に減ります。
 
そのため、老廃物の濃度が高まり、ドロドロの汗になり、
ワキガの原因となる雑菌が繁殖しやすくなるため、ワキガの臭いがより強くなってしまいます。
 
また、冬は気密性の高い衣類や重ね着をすることが増え、汗をかいた脇の下は雑菌がこもった状態になりがちです。
厚着をするせいで、冬にはワキガの臭いが衣類の中にこもりやすくなります。

このような結果、冬こそワキガ対策が重要だと言えます。

 

冬の汗と夏の汗

ワキガ臭は、汗が出る「汗腺」と深く関係しています。

汗は2種類の汗腺か出るのですが、夏と冬では汗が出てくる汗腺が違うのです。

夏の汗と冬の汗がどう違うのか見ていきましょう。

 

夏の汗

夏には汗をたくさんかきますが、サラサラしていて臭いもそこまでありません。
その理由は、「エクリン汗腺」から出ている汗だからです。
 
一般的に運動をした後に体温のバランスを取るためにかく汗(温熱性発汗)や、
熱い食べ物や辛い食べ物を食べた時にかく汗(味覚性発汗)は、エクリン汗腺から出ている汗になります。
 
エクリン汗腺は、皮膚の薄い部位(唇やまぶた)などを除いた全身に存在します。
出てくる汗の成分は99%が水分で、残り1%はナトリウムや尿素などですが、ほぼ水分です。

そのため、臭いがさほど気にならず、乾きやすいのが特徴です。

 

冬の汗

一方の冬の汗は、ワキガ臭の原因となる「アポクリン汗腺」から出ます。
 
アポクリン汗腺は、幼少期はおとなしくしていますが、
第二次性徴期(成長期)になると体の主にワキや陰部、肛門など一部に出てきます。

成分はたんぱく質が多め。
 
アポクリン汗腺は臭いやフェロモンを作る汗腺で、乾きにくくベタっとしているのが特徴です。
ベタっとした汗は、老廃物の濃度が高まり、汗に含まれる栄養も濃縮されているので、より多くの菌を繁殖します。

冬は衣類を重ね着するので、通気性が悪くなり、衣類の中に雑菌がこもった状態になり、
繁殖した雑菌によってワキガ臭が強くなってしまうのです。

 

冬のワキガ対策

毎日の生活に意識的に取り込むことで、冬のワキガ対策をすることができます。

どれも簡単にできることなので、ぜひ生活に取り入れて、ワキガ対策をしてくださいね。

 

こまめな水分補給

夏より冬場の方が水分を摂取する機会が極端に少なくなります。

冬には水分補給をあまりしないという方は、時間を決めて飲んだり、食事のときに多めに飲んだりしましょう。
一日の摂取量の目標を決めて、意識的にこまめな水分補給を心掛けてください。

冷たい飲み物を飲むより、できるだけ温かい飲み物を飲むのがおすすめです。

身体を内側から温めることで、新陳代謝を高められます。

 

汗をかく

老廃物の濃度が高まったドロドロの汗は、体外に排出しないと、ワキガ臭がどんどん悪化します。

そのため、意識的に汗をかいてドロドロの汗を体外に排出させましょう。
十分に水分補給を行った上で、運動をしたり、サウナや岩盤浴などに入ったりするのがおすすめです。

 

湯船にゆっくり浸かる

毎日のお風呂タイムは、シャワーだけで済ませるのではなく、湯船にゆっくりと浸かりましょう。

毛穴を開けば、老廃物の排出も促進します。

汗腺を詰まらせずに、常に清潔にしておくこともワキガ対策に繋がりますよ。

 

食生活の改善

脂っぽい食事を控えて、老廃物を体内に溜め込まないようにしましょう。
特に肉の脂は血流を悪くして、中性脂肪やコレストロールを蓄積しやすい体質にする可能性が高くなります。
そうなると、汗に含まれる老廃物や脂質の量が自然と増え、ワキガ臭が強くなることにつながります。

他にも、動物性脂肪の多いチーズやバターなども、ワキガの方は取り過ぎに注意しましょう。

 

当院にご相談を

今回は夏の汗と、冬の汗の違い、毎日の生活で簡単に取り入れられる冬のワキガ対策を紹介しました。
 
ワキガ対策をしても、ワキガ臭が気になる方や、冬だけでなく一年中ワキガの臭いが気になるなら、ぜひ当院にご相談ください。

自分ではワキガ臭を軽減することはできますが、ワキガは手術しない限り完治することはありません。

ワキガに悩んでいるなら、メスを使わない手術「ミラドライ」がおすすめです。

 

ミラドライとは

ミラドライは、ワキガや多汗症の根本的に治療する、皮膚を切開せずに汗やニオイを解消できる新しい手術法です。

以前は、ワキガ治療をするなら、メスを使って汗腺を取り除く手術しかありませんでした。
メスを使った手術ではどうしても、体への負担がかかったり、傷跡が残ってしまいます。

しかし、ミラドライでは汗腺にマイクロウェーブ(電磁波)を当てて組織を破壊します。

皮膚を切らないので傷跡が残ることもなく、術後のダウンタイムも少ないのがメリットです。

また、汗腺に照射したらすぐに破壊されるため、施術したその日にワキ汗と臭いから解放されて、半永久的に効果が持続します。

 

当院のミラドライ治療

大西皮フ科では、2012年6月からミラドライを導入しており、
現在では2,235件以上の実績(2020年10月末現在)がございます。

豊富な経験をもとにして、より効果的なミラドライ治療を行っています。

 

【当院のミラドライ治療】

1.最高レベルで照射
ミラドライにはエネルギーレベルが5段階あります。

レベルが高くなるほど照射出力は変わりませんが、時間が長くなり、
より深いところまで照射することが可能になり、効果が高くなるのです。

当院では多数の経験により最高レベルのレベル5で安全かつ効果的に治療を行います。

 

2.中央部分は重ね打ち(2度打ち)
ワキの中央部分は、汗と臭いが最も気になる部分。

当院では、中央部分に重ねて照射して、打ち漏れをなくします。

 

3.広範囲を照射
照射範囲が狭いと、たとえ治療部位に十分な効果があったとしても、周りの汗と臭いが気になり、患者様の満足度が低くなります。

当院では、一人ひとりの患者様の予約時間を十分に確保することで、広範囲に照射できるようにしています。

当院では約90分時間をかけて照射するため、広範囲かつ2度打ちが可能です。

 

4.安全かつ効果的な治療
当院ではワキガの豊富な治療と実績のあるミラドライ公式認定医のもと、
患者様に合った治療を行っているので、安心して治療を受けていただけます。

 

ミラドライの料金

当院でミラドライ治療の料金は以下になります。
 
・モニタープラン…【両脇】250,000円(税抜)
・通常プラン…【両脇】1回目:300,000円(税抜)/2回目:135,000円(税抜
※1年以降の2回目の照射:220,000円(税抜)

・保証付きプラン…【両脇】400,000円(税抜)[1年以内:2回目無料]
※1年以降の2回目の照射…220,000円(税抜)

 

ワキガの臭いに悩んでいるなら、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

大西皮フ科で解決の近道を一緒に探しましょう。

記事監修

大西 勝 院長

医療法人 大美会 大西皮フ科形成外科医院
国立香川医科大学医学部卒業後、京都大学付属病院形成外科、大阪赤十字病院形成外科、社会保険広島市民病院、角谷整形外科病院、冨士森形成外科医院を経て、平成9年より大西皮フ科形成外科医院を開業。

わきが治療 多汗症 お役立ちコンテンツ カテゴリー一覧

  • わきが治療
  • 多汗症
  • ミラドライ

お役立ちコンテンツTOPに戻る

▲ページトップへ

治療実績

  • 2018年

    ミラドライ

    【初回】304件
    2回目68件

    手術(剪除法)

    45件

  • 2019年

    ミラドライ

    【初回】291件
    2回目113件

    手術(剪除法)

    40件

  • 子供のわきが
  • わきが多汗症お役立ちコンテンツ
  • ミラドライの体験者の声
  • クリニック紹介

アクセス

大西皮フ科形成外科医院
滋賀大津石山院詳しくはこちら
滋賀県大津市粟津町4-7
○JR石山駅前近江鉄道ビル3F

大西美容形成クリニック
京都四条烏丸院詳しくはこちら
京都府京都市下京区長刀鉾町31
四条ビヨンドビル5F
○阪急烏丸駅、地下鉄四条駅からすぐ

  • お問い合わせ
  • 大西皮ふ科形成外科 アンチエイジングサロン

ご予約 / お問い合わせ

大西皮フ科形成外科医院
滋賀大津石山院

[診療時間]
 
10:00~12:30 ○ ○ ○ △ ○ ―
14:30~16:30 ○ ○ ○ △ ○ ―
16:30~18:00 ○ ○ ○ △ ○ ―
[休診日] 日・祝日
※△は完全予約制
※火曜日は16:00から
※土曜日は15:00まで

大西美容形成クリニック
京都四条烏丸院

[診療時間]
 
10:00~18:00 ○ ○ ○ ○ ○ ○
[休診日]日・祝日
※完全予約制
※保険診療は行っておりません
※土曜は17:00まで
大西皮フ科形成外科 わきが・多汗症治療なら安心、安全、確実なクリニックで
滋賀大津本院 077-531-2101 / 京都四条烏丸院 075-254-8320
お問い合わせ
Copyright (c) ONISHI CLINIC All Rights Reserved.