ワキガが臭わなくなる?【年齢とワキガの関係】|ミラドライ 切らない多汗症・わきが治療なら 大西皮フ科形成外科医院 滋賀、京都

ミラドライなら京都滋賀にある大西皮フ科形成外科

滋賀大津本院 077-531-2101 / 京都四条烏丸院 075-254-8320

お問い合わせ

大西皮フ科形成外科医院 ミラドライ HOMEわきが・多汗症お役立ちコンテンツ > ワキガが臭わなくなる?【年齢とワキガの関係】

わきが治療 多汗症 お役立ちコンテンツ

ワキガが臭わなくなる?【年齢とワキガの関係】


ワキガってものすごく悩むし、自分のニオイに悩みますよね。何歳頃から始まって、何歳頃になると臭わなくなるのでしょうか?
今回は、年齢とワキガの関係について詳しく解説していきます!

独特なニオイで気になるワキガ

ワキガは、ニオイの強さなどは個人差がありますが、脇から独特な嫌なニオイがします。どのようなニオイかを説明するのは難しいですが、硫黄臭、スパイスみたい、酢みたいなニオイと表現されることもあります。ワキガは自分の体から放たれるため、自分では気付きにくいですが、周りから言われて気付く方が多いです。

 

ワキガが臭わなくなる“年齢”?

ワキガはどうしてなるのかというと、汗と深く関係しています。人間の体には、エクリン汗腺アポクリン汗腺という、汗腺から汗を分泌しています。エクリン汗腺はほぼ全身のあらゆるところにあり、粘り気の少ないさらっとした汗なのが特徴です。
エクリン汗腺から出る汗は、ワキガとは関係ありません。

 

一方のアポクリン汗腺は、脇の下や耳の穴の中、へそ回り、乳輪、陰部などに部分的にあり、やや粘り気や濁りがあるのが特徴で、ワキガの独特なニオイの元です。分泌した時は無臭の汗ですが、脂肪やたんぱく質などを含んだ汗が、肌にある常在菌と混ざって、分解されることで、ワキガ独特のニオイに変わります。

 

アポクリン汗腺は、幼い頃には活動していなく、思春期を迎える頃から活発になり、中年期以降は徐々に減少していきます。
そのため、中年期を過ぎると、だんだんワキガが臭わなくなる方が多いです。

病院で治療を受けている年齢層って?

年齢に関係なく、ワキガに悩んでいる方はいますが、病院で治療を受けている年齢層ってどれくらいなのでしょうか?

 

いつ頃からワキガの治療を受けているの?

お子様のワキガは、親御さんが気付かれることが多いのですが、何歳頃から治療を受けられるのか気になりますよね。
当院では、早い子だと小学校4年生くらいから来られます。ワキガのニオイの元となるアポクリン汗腺は、幼少期には大人しくしていて、第二次性徴期(成長期)に一気に増えます。
第二次性徴期(成長期)とは、平均的には男の子が11歳半、女の子が10歳なので、小学校4・5年生です。

 

しっかりした女の子は自分で治療を受けたいと親御さんに相談されることもあれば、お子様は気付いていないけど、親御さんが気にして連れて来られることもあります。どちらにしろ、ワキガに気付いたら、この時期に治療を受けられるのをおすすめします。
第二次性徴期(成長期)で、アポクリン汗腺が一気に増えると言いましたが、逆に言えば、この時期以降に増えることはないと言われており、早い段階での治療をおすすめしております。

 

当院では40代・50代の方も多いです

20・30代の男性女性の患者様が多いですが、40代以降の方の治療も少なくありません。ただ、「40代になってからワキガになった」という方もおられるようですが、アポクリン汗腺の活動は、中年以降に徐々に減少します。
40代以降にニオイで悩んでいる方は、加齢臭と混同して悩んでいるかもしれません。しかし、加齢臭はワキガとは違います。

気になるニオイにはしっかり治療を

ワキガに悩んでいるなら、しっかりとした治療をしましょう。お子様や、お仕事でお休みが取りにくい方、キズ跡を残したくないという方は、「ミラドライ」という治療がおすすめです。

ミラドライとは、マイクロウェーブ(電磁波)を脇の皮膚の上から照射することで、ニオイと汗の原因となる、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の両方を熱で、破壊する治療法です。皮膚の上から電磁波を当てるだけなので、皮膚の切開などがなく、ダウンタイムが少なく、キズ跡が残る心配がありません。メスを使った手術だと、皮膚を切るため、キズが治るまでワキを動かせなかったり、日常生活に影響が出ます。
そのため、場合によっては学校や会社を休まなければいけないこともあります。

しかしミラドライだと、包帯をしたり固定をする必要がないため、日常生活への影響はほぼありません。手術当日に、汗やニオイの悩みから解放され、効果は半永久的です。ミラドライを受けた方の7~8割の方が、ワキガが完治したり、ニオイがなくなったと満足されています

 

大西皮フ科は、2012年5月にミラドライを導入してから、これまで多くの患者様にミラドライの治療を行ってきました。患者様一人ひとりに合わせた治療を行い、痛みの少ない麻酔方法や、最高レベルの出力、広範囲の治療をお約束します。

 

麻酔は、多すぎると効果が低くなったり、少なすぎると痛みを感じたりしますが、当院では一人ひとりに合った麻酔量で、痛みが少なく、副作用のリスクのない治療を行います。
また、ミラドライの最高レベルである5で、脇のサイズに合わせた広い範囲で、重ね打ちをして、より効果的で、安全な治療をしますので、安心して治療を受けていただけます。

 

【ミラドライの料金】
・モニタープラン(両脇)…250,000円(税抜)
治療経過の写真とアンケートの記入をしていただきます。
・通常プラン(両脇)…1回目300,000円(税抜)/2回目135,000円(税抜)
広範囲照射と重ね打ち照射を利用できます。
・保証付きプラン(両脇)…400,000円(税抜)
広範囲照射と重ね打ち照射を利用いただけ、2回目の照射が1年以内なら無料で受けていただけます。

 

当院のミラドライの料金は、上記になります。
診察代・薬代・麻酔代は、上記の金額に含まれていて、さらに、広範囲の追加照射と重ね打ち照射の追加料金は一切かかりませんので、上記の金額だけでミラドライを受けていただけます。

 

当院は、ミラドライ公式認定クリニックで、ダントツの実績数を誇っています。
そのため、高度な技術で安全な治療を行うことが出来ますので、ぜひワキガにお悩みの方はご来院ください。

 

小さなお子様からお年寄りまで幅広い年齢層の患者様がご来院されている当院だからこそ出来る、1人ひとりに寄り添った診療や、提案をさせていただきます。
また、お忙しい方や小さなお子様連れの方がご来院しやすいように、予約の取りやすさ、患者様の待ち時間を少しでも減らすような取り組みも行っています。

 

ミラドライ体験者の声

記事監修

大西 勝 院長

医療法人 大美会 大西皮フ科形成外科医院
国立香川医科大学医学部卒業後、京都大学付属病院形成外科、大阪赤十字病院形成外科、社会保険広島市民病院、角谷整形外科病院、冨士森形成外科医院を経て、平成9年より大西皮フ科形成外科医院を開業。

わきが治療 多汗症 お役立ちコンテンツ カテゴリー一覧

  • わきが治療
  • 多汗症
  • ミラドライ

お役立ちコンテンツTOPに戻る

▲ページトップへ

  • 多汗症について
  • わきが・多汗症の原因
  • ミラドライの効果の出る仕組み
  • 子供のわきが
  • わきが多汗症お役立ちコンテンツ
  • ミラドライの体験者の声
  • わきがセルフチェック
  • クリニック紹介

アクセス

大西皮フ科形成外科医院
滋賀大津石山院詳しくはこちら
滋賀県大津市粟津町4-7
○JR石山駅前近江鉄道ビル3F

大西美容形成クリニック
京都四条烏丸院詳しくはこちら
京都府京都市下京区長刀鉾町31
四条ビヨンドビル5F
○阪急烏丸駅、地下鉄四条駅からすぐ

  • お問い合わせ
  • 大西皮ふ科形成外科 アンチエイジングサロン

ご予約 / お問い合わせ

大西皮フ科形成外科医院
滋賀大津石山院

[診療時間]
 
10:00~12:30 ○ ○ ○ ― ○ ―
14:30~16:30 ○ ○ ○ ― ○ ―
16:30~18:00 ○ ○ ○ ― ○ ―
[休診日] 木・日・祝日
※△は完全予約制
※火曜日は16:00から
※土曜日は15:00まで

大西美容形成クリニック
京都四条烏丸院

[診療時間]
 
10:00~18:00 ― ○ ○ ○ ○ ○
[休診日] 月・日・祝日
※完全予約制
※保険診療は行っておりません
※土曜は17:00まで
採用情報
大西皮フ科形成外科 わきが・多汗症治療なら安心、安全、確実なクリニックで
滋賀大津本院 077-531-2101 / 京都四条烏丸院 075-254-8320
お問い合わせ
Copyright (c) ONISHI CLINIC All Rights Reserved.